更年期(中高年女性)専門外来

更年期障害

■更年期障害および卵巣欠落症状

更年期障害および卵巣欠落症状女性は40歳を過ぎるころからエストロゲンという女性ホルモンが低下していきます。エストロゲンの低下がさまざまな更年期症状を惹き起こすと考えられております。代表的な顔のほてり症状(Hot Flush)や発汗異常をはじめ、肩こり、耳鳴り、めまい、疲れやすい、不眠、意欲の低下、うつ状態、関節痛などさまざまな症状があり、さらに個人差もあります。さらに、エストロゲンが低下した状態が続くと高コレステロール血症、動脈硬化、骨粗鬆症、アルツハイマー性痴呆を惹き起こすと考えられています。

■ホルモン補充療法(エストロゲン補充)の効果

卵巣欠落症状、更年期症状のある方にホルモン;エストロゲンの補充療法(HRT)が最も有効です。その治療により、顔のほてり症状(Hot Flush)や発汗異常をはじめ、肩こり、耳鳴り、めまい、疲れやすいといった症状は改善します。また、骨粗鬆症や骨折の予防効果があります。HRT開始前および治療判定に最新の腰椎骨密度測定器(DEXA;Hologic 社Discovery)にて4ヶ月毎に治療効果を判定します。さらにコレステロールを減少させ抗動脈硬化作用があります。これは内頸動脈の内中膜肥厚やプラークの有無を確認します。また、うつや認知症の予防効果もあります。また、コラーゲンを増加させる効果もあり、若返り効果もあります。

■ホルモン補充療法を受ける前に必要な検査

ホルモンの補充療法を受ける前に、必要な検査があります。乳がん検査(マンモグラフィー検査または超音波検査)、子宮頸がん、子宮体がん検査、骨密度測定検査、採血検査などです。

■閉経が早かった方へ

早発閉経;43歳以下で月経が1年以上ない方は早発閉経といいます。普通閉経は50~51歳で訪れますが、閉経が早かった方は、骨粗鬆症や動脈硬化などの病気が進行している場合がありますので、早めに検査や治療を受けてください。

■中高年の動脈硬化疾患や心療内科的疾患

中高年の高血圧症、高コレステロール血症、うつ状態、不眠症などはエストロゲンの低下が関係している症例も多く見られますので一度当院へご相談ください。
中高年の動脈硬化に関しては血圧脈波検査を行い血管年齢を測定します。ホルモンの補充療法により血管年齢が若返ります。

  • 婦人科一般診療
  • 更年期(中高年女性)専門外来
  • 骨粗鬆症外来
  • ワクチン外来
  • 月経前緊張症および月経困難症専門外来 禁煙外来
  • 健康美的体型づくり外来・抗肥満外来 アンチエイジング外来
  • 治験および臨床研究

くがはらウィメンズクリニック

〒146-0085
東京都大田区久が原5-11-11 Adachi Clinic モール 2F
TEL:03-3751-1111
FAX:03-3751-1113
MAP


●診療科目:
産婦人科、女性内科

●診察時間:
月曜~金曜
 午前   9:30 ~ 13:00
 午後 14:00 ~ 18:00
土曜
 午前   9:30 ~ 13:00

休診日:日曜・祝祭日

くがはらウィメンズクリニック 〒146-0085 東京都大田区久が原5-11-11 Adachi Clinic モール 2F TEL:03-3751-1111